長野県のリフォーム設計事務所【スペースイン】タイトル

■スペースインの住宅へのこだわり

宮坂佐知子
家が欲しい・・・。そんな思いを抱いた時、あなたならどうしますか?▽知人、友人に相談する▽近所の大工さんに相談する▽住宅展示場に足を運ぶ設計事務所に相談する▽まずは家族で話をする。私たちスペースインは、そんな思いを抱いた人が、どんな細かい事でも相談できる場の提供を目指しています。
だからこそ設計から施工まですべてを請け負うトータルプロデュースが必要なのです。デザイン、スタッフ、コスト、質にこだわります。
平面をスケッチで示し完成予想しやすく
空間のデザインは、あくまでも住まい手が主役です。心から居心地の良い空間は、そこそこに暮らす人の心と空間が共鳴しなくてはならないと思います。そのため平面プランの打ち合わせ段階で導線計画に加え、視線計画を行います。視線計画とは平面を空間としてイメージできるようにスケッチで示し細部や色、光を確認することで、空間認識がしやすく、完成予想が想像しやすくなります。

色彩心理を取り入れ暮らす人の色を出す
さらに、そこに色彩心理を最大限に取り入れています。家族の会話が弾む色、ゆっくり睡眠を取るには、こんな色、子供が勉強するのはこんな色など・・・。一般論ではなく、そこに暮らす人の色を出します.。

信頼できる人のネットワーク確立も大切

ひとつの建物が完成するまでには、たくさんの人が関わっています。設計が思い通りに出来たとしても、施工する人たちが建築主の思いを理解してくれなければ、最終的には思いと違ったものになってしまいます。
技術力はもちろん、そこに関わる職人さんの一人ひとりが、お客様に喜んでもらえる建物を作ろうという気持ちで仕事をすることが大切です。

言葉では簡単ですが、古い考え方が残っている業界だからこそ、難しいことなのです。信頼できる人のネットワークが確立できているかは設計する側にとって大切なことなのです。家を建てたら一生、付き合う人たちなのですから。

生涯の資金設計立案も必要
家を建てる時、当然考えるのは予算です。自分の思いを実現するのにどのような資金計画を建てるか、とても大切なことです。スペースインの家づくりは、ファイナンシャルプランナー(個人の財産作りアドバイザー)とともに、イニシャルコスト(当初費用)、ランニングコスト(運営経費=この場合は光熱費など、)返済計画、銀行選びなど生涯の資金計画の検討も同時に行っています。豊かに暮らし続けるための家づくりなのです。
高気密・高断熱・高耐震は当たり前!
豊かで快適な暮らしをするために、イメージだけの建物では、片手落ちです。高気密、高断熱、高耐震など、当たり前の基本的な構造から断熱方法まで検討していきます。家は生涯の財産なのです。

ひとこと
当たり前のことを当たり前にやってくれる、建築士・施工会社を探すことが、理想の住まいを手に入れる近道なのかも。けど、それが一番難しいのかな。