長野県のリフォーム設計事務所【スペースイン】タイトル

設計事務所のお仕事 その1

住宅の計画を考えるとして、大まかには4つの方法が上げられます。 ここでは下記の4つの方法の特徴について説明いたします。

ハウスメーカー
長所は、展示場が全国展開されており、実物の展示で住宅のイメージがわきやすくまた、大手企業という安心感があります。
短所は、会社によって施工方法が決まってしまいます。木質系、鉄骨系、コンクリート系のように構造がほぼ限定され、鉄骨系の会社では木造住宅が建てられないということです。
また展示場の維持管理費、メディア媒体、カタログ等の広告宣伝費、スタッフの人件費等々、いわゆる経費の割合が多くなりがちです。
工務店
多くの社員がいる中堅ビルダーの工務店から、ひとり親方の工務店までいろいろあり、ひとまとめに述べることはできませんが、地域密着型なのでアフターケアの対応が早いというのが利点でしょう。
短所としてはすべての構造躯体を施工できるとは限らず、小さな工務店ほど工法の選択の余地がなくなります。
またお客様の意図した内容が伝わりにくいということもあります。
設計事務所
設計事務所は構造設計、意匠設計、デザイン設計、設備設計等、得意とする分野に細分化されております。住宅を計画する上では総合的にプロデュースしてくれるところが良いでしょう。
設計事務所の特長としては間取り、外観のデザイン性に富んでおり、工法も自由に選択できます。また建築基準法に精通しており、施工会社の利益より建主の利益を第一に考えるため、施工中の不具合を指摘したりと、欠陥住宅を防止することができます。施工会社を競争入札により、平等な条件のもとに選ぶことができます。
短所として、資金計画等が不得手で予算の把握ができない場合もあります。また設計料が高いイメージがあります。
しかしたいていの場合、建物を同じ設備・仕様で積算した場合、設計料を入れてもコストが抑えられる場合が一般的です。
個別発注
最近は直営・分離発注で建てる人も増えています。
分離発注とは、ハウスメーカー、工務店等に依頼せず、専門工事会社(基礎、大工、電気、水道・・・約20社)に直接発注するシステムです。建築主の大半は未経験者ですから、設計事務所がサポートする場合が多いです。
メリットとしては施工会社の経費を浮かせることができます。
デメリットとしては専門工事会社の工事が終了するたびに工事代金を支払う必要があり、またアフター等施工後の補償が気になります。

住宅を計画する上で4つの方法を述べて参りましたが、どのような方法を選択するにしても、施主、施工業者が互いの信頼のもと、物語を感じさせる作品を作り上げるという姿勢を大事にしてほしいと思います。